桜島山かるかん (文旦堂)

鹿児島の銘菓、文旦堂の 桜島山かるかん。

桜島山かるかん

綾紫芋ラングドシャと一緒に貰ったお土産です。






桜島山かるかんの断面

中身はこんな感じ。
しっとりとした柔らかい生地の中に、こしあんが詰まっています。

生地が多くて餡は少なめ、でもしっとりとした生地がこしあんに馴染んで美味しいです。
懐かしいと言うか素朴な味ですね~。


かるかんって、自分ではまず絶対に買わない部類のお菓子です。

ものにもよりますが、ふわふわの生地って言うのが余り好きではないので、
ふわふわの生地が使われた「かるかん」にどうも魅力を感じないのです。

で、食べたら結構美味しいかも・・(っていつも思います)
多分この先も自分で買って食べるような事はないだろうけど・・・

———-

調べたら、かるかんって山芋とかお米とかで作られているみたいです。
だからこんなにしっとりしていて独特の歯ざわりがあるんですね。

文旦堂では上のような餡入りのかるかんの他、
餡の入っていないかるかんなども販売しているようです。

わたしはやっぱり小豆餡が好きなので、餡入りでないと嫌かな・・



コメントする:

CAPTCHA


Spam Protection by WP-SpamFree


Copyright © おやつは100円まで. All Rights Reserved.
Powered by Wordpress and designed by ykr414.